白蟻の住みにくい環境を作ろう

自宅の中で白蟻を見かけた場合はまず調査を行なう必要があります

床下の白蟻対策~自分でできる予防~

住宅で白蟻の被害が発生しないように対処するには、白蟻の生息に適した環境を作らないように対処する必要があります。まずは白蟻に有効な対策をチェックし、自宅で対策を実践することで白蟻の発生しにくい環境を作るようにするといいです。

基本的な予防方法


白蟻を寄せつけない方法が知りたいです
白蟻には湿気の多い場所を好む習性があり、住宅内に湿気がなければ白蟻被害が発生することはありません。住宅の中に湿気が溜まっていると感じた場合は窓などを開けて換気を行ない、住宅内の風通しを良くしてみましょう。
特に床下は風通しが悪く湿気が溜まりやすいので、床下の換気はしっかりと行なっておく必要があります。
木材を置きっぱなしにしているのはダメですか?
住宅の近くに木材を置きっぱなしにしていると、その木材に白蟻が住み着く可能性があります。雨などによって濡れた木材は湿気を含んでいるため、白蟻の繁殖を促してしまう可能性が高いです。
場合によっては木材から住宅へと白蟻が移り住んでしまうことがあるため、住宅周辺に木材や枯れた木などが存在する場合は早めに撤去しておきましょう。

まとめ

このような対策を住宅で実践しておけば、白蟻による被害が発生する確率を下げることができます。しかし白蟻は生物であるため、こういった対策を実施していても住宅に白蟻が住み着いてしまうことがあるので注意しましょう。

定期的なメンテナンス

白蟻の被害を防ぐために住宅点検を依頼する場合は、住宅を建築してから5年目の時期に検査を依頼するのが適切です。駆除業者の多くは無料で定期点検を実施してくれるので、誰でも気軽に点検を申し込むことができます。

TOPボタン